ピンサロ「レインボー」(赤羽)体験談【ロリ・かわいい系・安い】

どーも!フータローです。
本日は赤羽のピンサロ「レインボー」のレポです!

レインボー 体験談

お店:レインボー
場所:東京都北区赤羽南
日時:平成26年12月下旬 22:00頃
料金:40分10,000円
HP:

スタッフの案内で店内に促されます。
システムは承知している旨を伝えると、写真が並べられ指名もできるようでした。

ビジュアルは概ねぼちぼち……ではありますが、
ふとっちょ等は見受けられなかったためフリーで突入します。
階段を上りフロア内に入るとかなり経年劣化がありブースは6席。大振りなソファが対面に配置されておりますが、横との遮蔽は全くなし。店内もそんなに暗くはなくプレイを見られるのが嫌な人にとってはかなり厳しい環境であるかと思います。もちろん元汁男優の小生的には全く問題なし。のほほんと視姦しながらお茶をすすります。

やってきた子は金髪ショートカットのかなりの不思議ちゃん。20才代ではあると思いますが、テンションは低いのか高いのかよくわからない滑舌が非常に悪い女の子。スタイルは小柄のスレンダーのBカップ程度でまずまずだと思います。
とりあえず会話をしますが全く噛み合いません。小生も酔っていたこともあるかもしれませんが、お互い喋っていることが理解不能で???な「メダパニ」状態。そんな時はまぁとりあえずということでプレイ開始です。

下半身をヌギヌギし、女の子が正面に跪いて生フェラの開始です。これがなかなか気持ちよく一生懸命に奥まで咥えながらのストローク。いいですねぇ。突入前に日本酒を散々飲んでいたのにも関わらず、良い感じでぴん太郎も元気になってきます。
程なくすると「皮のよろい」を被せられ、対面座位素股のスタートです。キスを所望しますが口唇と口唇を重ねるまでのようで、ディープキスはNGでした。ゆっくりと激しいのとどちらが好みかと聞くと、どうやら激しい方が好きなよう。お酒の呪文「スカラ」が丁度よく効いているため、防御力がUPされてここぞとばかりに下からグングン突きまくります。
この体勢にも飽きてきたので、体位変更を申し出ると難なくOKとのこと。それではと後背位素股に持ち込みます。横に視線をやると小生の友人が既に一戦を終えてきれいなお姉さんと仲良く会話しております。ニコニコしながら手を振ると、向こうもニコニコ手を振り返してきます。素晴らしいシチュエーションです。突かれている彼女はそんなことをしていることももちろんわからず、「アハン、アハン!」と喘いでおります。せっかくなので「かいしんの一撃!」でピシャッと尻を叩くと、素で「止めて!」と言われてしまいちょっと反省。最後は正常位素股で「ひのきの棒」で一気呵成に突きまくり、密着を味わったところではっしゃおうらい!

「どぴゅ、どぴゅ、ぴゅっ、ぴゅっ、ぴゅっ、ぴゅっ・・・・・」

う~ん♪ いっぱい出ましたぁ~♪

処理→終了→適当な会話→バイバイ

それでは評価です。

≪総合評価≫65点
ボウイ氏 ☆☆☆
(そんな悪い感じではありませんでした)
顔 ☆☆
(きびしいかもわからんね)
スタイル ☆☆☆
(及第点でしょ)
性格 ☆☆☆
(サービス精神は旺盛な方かと思います)
テク ☆☆☆☆
(なかなか良かったですが、正統派としては難しいかもわからんね)
CP ☆☆☆☆
(CPはかなりいいと思いますが入るのには勇気がちょっと要りますな)

バイバイした後下階に降りると、待合室には同志が5名もおりかなり繁盛している様子でした。近隣には同業態が他に数店見受けられますが、質は恐らくどっこいどっこいといったところかと思われます。やはりSmall Mountainとは勝負にはならんわね。「平成26年ヌキ納めFinal」は結局微妙な戦果で終了となりました。

拙い文章ではございますが、また投稿させて下さい。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です